資金を用意してから起業しよう

補助金の制度を詳しく知ろう

制度を知って申請しよう

補助金の最大のメリットは、返済しなくても良い面です。
お金をもらえるので、返済のことは気にしないで起業資金に使ってください。
そのように大きなメリットがあるので、たくさんの人が起業するときに補助金を申し込んでいます。
申し込んだ人全てが、補助金を受け取れるとは限りません。
多かった場合は、抽選になります。

もらえるお金は、上限が200万円になっています。
他の金融機関に比べたら少なく感じますが、起業する時なら十分間に合うと思います。
申し込める日を少しでも過ぎると、補助金を申請できなくなります。
金融機関からお金を借りた時は返済のことも考えないといけないので、ハッキリ言って負担が大きいです。
補助金を使って、資金を補いましょう。

再就職手当を受け取ろう

これまで働いていた会社を辞めて、自分で会社を作ろうと思っている人もいると思います。
すると、再就職手当がもらえるので企業の資金に使ってください。
会社を辞めて、1年以内に申し込むとお金を受け取れます。
再就職手当をもらう時は、いくつかの決まりがあるので調べてください。
自分から進んで会社を辞めたいと申し出た場合は、辞めてから1か月が経過しないと起業できません

いつから計画をスタートできるのか、考えておきましょう。
会社を辞めた人なら、基本的に誰でも申請できます。
辞めてから1年が経過すると、申請できなくなります。
あとから申し込もうと思っていると、いつの間にか申し込める期間が過ぎるかもしれません。
忘れないでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る